資格認定に関する研修

研修の申込方法は「教育研修参加申込要項」をご覧ください。

2019年度

領域 研修
番号
テーマ 開催日時 申込
締切

認定看護管理者研修 2110 認定看護管理者ファーストレベル教育課程 6/12(水)~7/26(金) 終了
参加条件・レベル
日本国看護師免許取得後、業務経験通算5年以上
定員
80名
ねらい
看護専門職として必要な管理に関する基本的な知識・技術・態度を習得する。
主な内容
※募集要項・カリキュラム
講師(敬称略)
  
受講料
会 員 90,000円
非会員 135,000円
備考/関連委員会等
受講調書・様式2(PDF)
研修申込書・様式1(PDF)
※一つの施設より複数の方が応募される場合は「様式1」の番号欄を優先順位に置き換えて記入の上、全員分の「様式2受講調書」と合わせて郵送でお申し込みください
認定看護管理者研修 2110-1 認定看護管理者教育課程ファーストレベル公開講座
ヘルスケアシステム論
ヘルスケアサービスにおける看護の役割
6/25(火)13:30~16:30 5/31
参加条件・レベル
看護管理実践者もしくは目指している者
定員
20名程度
ねらい
  
主な内容
・地域連携における看護職の役割
・保健医療福祉関連職種の理解
講師(敬称略)
大塚 眞理子(宮城大学看護学群教授)
受講料
会 員 2,000円
非会員 4,000円
備考/関連委員会等
  
認定看護管理者研修 2110-2 認定看護管理者教育課程ファーストレベル公開講座
論文作成の基礎知識
7/2(火)9:30~12:30 5/31
参加条件・レベル
看護管理実践者もしくは目指している者
定員
20名程度
ねらい
  
主な内容
論文作成の基礎知識(論理的なレポートの書き方)
講師(敬称略)
大熊 恵子(宮城大学看護学群 教授)
受講料
会 員 2,000円
非会員 4,000円
備考/関連委員会等
  
認定看護管理者研修 2120 認定看護管理者教育課程サードレベル 9/2(月)~11/12(火) 6/7
参加条件・レベル
セカンドレベルレベル修了者等
詳細は実施要項参照
定員
25名
ねらい
  
主な内容
募集要項(PDF)
カリキュラム(PDF)(2019.4.23更新)
日程表(PDF)(2019.4.23更新)
受講調書 様式3-1(PDF)
勤務証明書 様式3-2(PDF)
小論文について 様式3-3(PDF)
講師(敬称略)
  
受講料
会 員 260,000円
非会員 390,000円
備考/関連委員会等
  
認定看護管理者研修 2130 認定看護管理者教育課程ファーストレベルフォローアップ研修
「看護現場学」
11/26(火)~
11/27(水)
 (全2日間)
10/1
参加条件・レベル
ファーストレベル修了者
定員
80名
ねらい
私の看護実践論を概念化し「看護の知」を探求する
主な内容
<実践して、書いて、語って書き続けることにより、看護観から看護実践論へ>等、看護実践を概念化する方法を学ぶ。 
講師(敬称略)
陣田 泰子 (元 横浜市立大学看護キャリア開発支援センター長・淑徳大学大学院看護学研究科教授)
受講料
会 員 6,000円
非会員 12,000円
備考/関連委員会等
  
認定看護管理者研修 2140 認定看護管理者教育課程セカンドレベルフォローアップ研修 1/25(土)9:30~15:30 12/1
参加条件・レベル
セカンドレベル修了者、看護管理者
定員
120名
ねらい
セカンドレベル修了後のフォローアップ
主な内容
セカンドレベル修了者の実践報告(H30年度宮城県看護協会セカンドレベル修了者他)
講師(敬称略)
原 玲子(宮城大学看護学群)
受講料
会 員 3,000円
非会員 6,000円
備考/関連委員会等
  
認定看護管理者研修 2150 認定看護管理者教育課程サードレベルフォローアップ研修 2月初旬 1/6
参加条件・レベル
2019年度サードレベル修了者
定員
25名
ねらい
サードレベル修了後のフォローアップ
主な内容
第24回認定看護管理者認定試験の受験対策 他
講師(敬称略)
調整中
受講料
2,000円
備考/関連委員会等
  
実習指導者講習会 2210 実習指導者講習会 7/29(月)~10/4(金) 5/27
参加条件・レベル
  
定員
50名
ねらい
  
主な内容
※実施要項(PDF)
※受講申込書 施設用様式1(PDF)
※受講申込書 個人用様式2(PDF)
講師(敬称略)
  
受講料
  
備考/関連委員会等
  
実習指導者講習会 2220 実習指導者講習会
(特定分野)
10/8(火)~10/25(金) 6/17
参加条件・レベル
  
定員
10名
ねらい
  
主な内容
※実施要項(PDF)
※受講申込書 施設用様式1(PDF)
※受講申込書 個人用様式2(PDF)
講師(敬称略)
  
受講料
  
備考/関連委員会等
  
医療安全管理者研修 2310 医療安全管理者養成研修
(7日間)
1/7(火)~1/17(金) 12/1
参加条件・レベル
施設で医療安全の任にある者、または今後医療安全の任につく予定の者
定員
70名
ねらい
  
主な内容
実施要項(PDF)
講師(敬称略)
  
受講料
  
備考/関連委員会等
  
認知症対応力向上研修 2410-1 看護職員認知症対応力向上研修
仙台会場
『認知症ケア加算2該当研修』
8/29(木)
8/30(金)
8/31(土)
すべて9:30~16:30
(全3日)
(10/10~10/12と同内容)
7/1
参加条件・レベル
宮城県内の医療機関及び介護施設等に勤務する指導的役割の看護職
中間管理者(看護師長相当)以上
定員
150名
ねらい
認知症の基本知識や、個々の認知症の特徴等に対する実践的な対応力を習得し、同じ医療機関等の看護職員に対し伝達をすることで、医療機関等での認知症ケアの適切な実施とマネジメント体制の構築を目的とする。
主な内容
基本知識
・認知症の疾病経過と理解他
・せん妄の基本的な知識他
看護管理
・管理者による取り組みの重要性
・特有な倫理的課題と意思決定支援他
地域連携
・退院調整での課題・地域連携
対応力向上
・認知症患者の身体管理と一般病院に求められる役割について他
マネジメント
・認知症が絡む問題事例を収集し、見返し、フィードバックする体制他
※詳細はこちら(PDF)
※申込書はこちら(PDF)
講師(敬称略)
古川 勝敏(東北医科薬科大学病院)
佐藤 直也(東北福祉大学せんだんホスピタル)
認知症看護認定看護師 等
他調整中
受講料
無料
備考/関連委員会等
この研修は申込書が他の研修と異なりますのでご注意ください
専用申込書はこちら(PDF)
認知症対応力向上研修 2410-2 看護職員認知症対応力向上研修
仙台会場
『認知症ケア加算2該当研修』
10/10(木)~10/12(土)
すべて9:30~16:30
(全3日)
(8/29~8/31と同内容)
7/1
参加条件・レベル
宮城県内の医療機関及び介護施設等に勤務する指導的役割の看護職
中間管理者(看護師長相当)以上
定員
150名
ねらい
認知症の基本知識や、個々の認知症の特徴等に対する実践的な対応力を習得し、同じ医療機関等の看護職員に対し伝達をすることで、医療機関等での認知症ケアの適切な実施とマネジメント体制の構築を目的とする。
主な内容
基本知識
・認知症の疾病経過と理解他
・せん妄の基本的な知識他
看護管理
・管理者による取り組みの重要性
・特有な倫理的課題と意思決定支援他
地域連携
・退院調整での課題・地域連携
対応力向上
・認知症患者の身体管理と一般病院に求められる役割について他
マネジメント
・認知症が絡む問題事例を収集し、見返し、フィードバックする体制他
※詳細はこちら(PDF)
※申込書はこちら(PDF)
講師(敬称略)
佐藤 直也(東北福祉大学せんだんホスピタル)
古川 勝敏(東北医科薬科大学病院)
認知症看護認定看護師 等
他調整中
受講料
無料
備考/関連委員会等
この研修は申込書が他の研修と異なりますのでご注意ください
専用申込書はこちら(PDF)
認知症対応力研修 2420-1 看護職員認知症対応力向上研修
石巻会場
『認知症ケア加算2該当研修』
日程調整中
すべて9:30~16:30
(全3日)
仙台会場・県南会場と同内容
  
参加条件・レベル
宮城県内の医療機関及び介護施設等に勤務する指導的役割の看護職
中間管理者(看護師長相当)以上
定員
100名
ねらい
認知症の基本知識や、個々の認知症の特徴等に対する実践的な対応力を習得し、同じ医療機関等の看護職員に対し伝達をすることで、医療機関等での認知症ケアの適切な実施とマネジメント体制の構築を目的とする。
主な内容
基本知識
・認知症の疾病経過と理解他
・せん妄の基本的な知識他
看護管理
・管理者による取り組みの重要性
・特有な倫理的課題と意思決定支援他
地域連携
・退院調整での課題・地域連携
対応力向上
・認知症患者の身体管理と一般病院に求められる役割について他
マネジメント
・認知症が絡む問題事例を収集し、見返し、フィードバックする体制他
講師(敬称略)
調整中
受講料
無料
備考/関連委員会等
詳細は決まりしだい掲載します
認知症対応力研修 2420-2 看護職員認知症対応力向上研修
県南会場
『認知症ケア加算2該当研修』
調整中
すべて9:30~16:30
(全3日)
仙台・石巻会場と同内容
  
参加条件・レベル
宮城県内の医療機関及び介護施設等に勤務する指導的役割の看護職
中間管理者(看護師長相当)以上
定員
100名
ねらい
認知症の基本知識や、個々の認知症の特徴等に対する実践的な対応力を習得し、同じ医療機関等の看護職員に対し伝達をすることで、医療機関等での認知症ケアの適切な実施とマネジメント体制の構築を目的とする。
主な内容
基本知識
・認知症の疾病経過と理解他
・せん妄の基本的な知識他
看護管理
・管理者による取り組みの重要性
・特有な倫理的課題と意思決定支援他
地域連携
・退院調整での課題・地域連携
対応力向上
・認知症患者の身体管理と一般病院に求められる役割について他
マネジメント
・認知症が絡む問題事例を収集し、見返し、フィードバックする体制他
講師(敬称略)
調整中
受講料
無料
備考/関連委員会等
詳細は決まりしだい掲載します