学術集会

宮城看護学会第13回学術集会実施要項

学術集会の写真

1. 目的

広く会員に研究発表の場を提供し、実践に活かす研究活動の普及を支援するとともに、看護職の学術研究の振興に努め、地域の人々の健康と福祉の 向上に貢献する。

2. 内容

テーマ「ベットサイドの倫理的ジレンマ」
13:30-15:15特別講演
「ベッドサイドの倫理的ジレンマ―患者の権利と身体拘束を考える―」
小野 幸子(新潟県立大学教授・宮城大学名誉教授)
15:25-15:15 話題提供 日向 園惠(石巻赤十字病院 老人看護専門看護師)
15:25-15:55 看護研究支援講座「利益相反について」 畑中 貞雄(東北医科薬科大学病院臨床研究推進センター管理部門センター長補佐)

3. プログラム・発表演題

プログラムはこちら(PDF)
発表演題一覧(口演・示説)はこちら(PDF)

4. 開催日時

2019年11月16日(土)10:00~16:00

5. 会場

フォレスト仙台(仙台市青葉区柏木1-2-45)

6. 発表演題申込

(1)申込資格:発表者・共同研究者は宮城県看護協会会員であること。ただし看護職以外の共同研究者は可。

(2)演題の条件:「看護に関する研究」または「看護実践報告」で未発表であること。ただし施設内発表可。

(3)発表演題受付期間:2019年6月3日(月)~6月21日(金)7月26日(金)再募集につき締切延長

(4)申込方法:下記の演題申込要項他を参照
※演題申込要項・演題申込書・抄録原稿形式・抄録の書き方はこちら(PDF)
※抄録提出チェックリスト 「看護に関する研究」はこちら(PDF)、「看護実践報告」はこちら(PDF)
※倫理申請・審査マニュアルについては倫理審査委員会をご覧ください。

7. 参加申込

(1)参加対象
看護職・看護学生他
(2)申込方法
宮城県看護協会主催の一般研修と同様に各施設でとりまとめの上、「研修申込書(様式1)」(PDFファイル 138k)を印刷し必要事項を記入の上、FAXまたは郵送にて下記申込先にお申込みください。(一般演題発表者についても参加申し込みが必要です)
(3)参加費納入
申込受理後に「参加券」と「振込用紙」を申込代表者あてに送付しますので、もよりの郵便局にて指定の期日までに参加費を納入してください。
(3)参加費
日本看護協会会員 3,000円
学生生徒(看護職の免許を未取得の看護学生)1,000円
上記以外の方 6,000円
(4)参加申込期間
2019年10月1日(火)~10月16日(水)

8. 当日の参加券持参について

申込受理時にお送りいたしました「参加券」は、学術集会当日の抄録引換券になりますので必ず持参してください。

8.その他

  • プログラムは変更する場合もありますのでご了承ください。
申込先
郵送:〒980-0871  仙台市青葉区八幡二丁目10-19
Fax :022-276-4724
公益社団法人  宮城県看護協会  教育部