公益社団法人 宮城看護協会

仙台北支部

支部長あいさつ

仙台北支部長
鈴木 由美

こんにちは、仙台北支部の支部長の鈴木由美です。よろしくお願いします。
仙台北支部には約2,300名の会員がおり、宮城県看護協会では1番大きな支部です。令和2年度はCOVID-19感染拡大により、支部活動は縮小せざるを得ませんでした。市内の感染状況を見ながら支部役員会は9月より開始し、役員には各施設の行動指針(BCP)に則り参加可能な方に参加していただきました。支部企画の1.支部内看護管理職のネットワーク会議 2.交流集会 3.まちの保健室事業はCOVID-19感染防止の観点から全て中止としました。今年度は状況を見ながらできることから開催を検討していきたいと思っています。
まだまだ、先の見えない状況が続きますが3密を避けた行動を心掛け、いつもの日常に戻れる日を待ちたいと思います。引き続き仙台北支部へのご支援をよろしくお願いします。

活動計画・活動報告

令和3年度活動計画令和2年度活動報告

看護週間・まちの保健室

準備中

広報

準備中

一覧へ戻る