公益社団法人 宮城看護協会

学術集会

宮城看護学会第16回学術集会実施要項

1.目的

広く会員に研究発表の場を提供し、実践に活かす研究活動の普及を支援するとともに、看護職の学術研究の振興に努め、地域の人々の健康と福祉の 向上に貢献する。

2.内容

テーマ「危機的状況を乗り越えるための看護者のレジリエンス」
・特別講演 危機的状況を乗り越えるために大切な看護の力
 講師 石垣 靖子氏(北海道医療大学 名誉教授)
・シンポジウム 「コロナ禍における看護の実際と課題」
・一般演題 18題(4群)口演のみ 

3. プログラム・発表演題

第16回学術集会プログラム

4. 開催日時

令和4年12月10日(土) 12:00~16:25

5. 会場

フォレスト仙台
宮城県仙台市青葉区柏木1-2-45

6. 発表演題申込

  1. 申込資格:発表者・共同研究者は宮城県看護協会会員であること。ただし看護職以外の共同研究者は可。
  2. 演題の条件:「看護・看護教育に関する研究」または「看護実践報告」で未発表であること。ただし施設内発表可。
  3. 発表演題受付期間:令和4年6月1日(水)~6月30日(木)
  4. 申込方法:下記の演題申込要項他を参照 演題申込要項・演題申込書・抄録の書き方(PDFファイル) 演題申込書(wordファイル) 抄録原稿作成形式 研究(wordファイル) 抄録原稿作成形式 実践報告(wordファイル) 抄録提出チェックリスト (PDFファイル) 研究における倫理的配慮とその記述方法(PDFファイル)

※倫理申請・審査マニュアルについては倫理審査委員会をご覧ください。

7. 参加申込

  1. 参加対象
  2. 看護職・看護学生他

  3. 申込・参加費納入方法
  4. manaable(マナブル)からお申込み下さい。なお、一般演題発表者についても参加申込が必要です。

    参加費
    日本看護協会会員 3,000円
    学生生徒(看護職の免許を未取得の看護学生)1,000円
    上記以外の方 6,000円
    ※学生生徒の方のお申込みについては、宮城県看護協会までお問合せ下さい。(022-273-3923)

  5. 参加申込〆切
  6. 令和4年11月14日(月) ※延長しました

その他

プログラムは変更する場合もありますのでご了承ください。

問い合わせ先

〒980-0871
仙台市青葉区八幡二丁目10-19
Tel :022-273-3923
公益社団法人 宮城県看護協会 教育部

前のページへ戻る