公益社団法人 宮城看護協会

災害看護活動

看護協会では東日本大震災で災害支援ナースを県内各地の避難所に派遣し、24時間体制で常駐して支援を行いました。
被災者の急病への対応や感染症の拡大の予防、不安への傾聴、環境整備、日常生活援助など多岐にわたり、刻々と変化する被災者のニーズにあわせて柔軟に対応しました。

・宮城県内の災害支援ナース 134名 (延べ395名)
・宮城県外の災害支援ナース 580名 (延べ2338名)

災害支援活動の主な内容

  • 生活環境への支援
    ・冷暖房などの温度調整や換気、照明、騒音の配慮
    ・居室・トイレの清掃、ゴミの始末
  • 食生活への援助
    ・高齢者、乳児、体調不良や消化器機能の低下している人、高血圧や糖尿病・透析患者等慢性疾患をもつ人に対する食事メニューの調整
    ・水分補給への援助
    ・食事介助
  • 保清・排泄への援助
    ・介助を要する人に対する入浴介助
    ・入浴できない人への清拭・洗髪
    ・おむつ交換等の排泄介助
  • 睡眠・プライバシーの確保に対する援助
    ・不眠やストレスへの原因の把握
    ・個人スペースの確保
    ・更衣室・静養室の確保
  • 活動に対する援助
    ・基本的生活リズムを整える
    ・運動不足解消のため活動の場の確保
    ・多目的スペースの確保
  • 精神面への援助
    ・災害ストレス反応への理解を示す
    ・話し相手になる
    ・定期的な巡回相談、声かけ
    ・交流の場作り
  • 健康管理
    ・被災者の健康チェック「バイタルサイン」「睡眠状況」「食事摂取状況」「内服薬に関する状況」「住居の状況」など一人一人具体的に行う
    ・災害関連疾患(腰痛、エコノミー症候群など)への対応
  • 感染予防
    ・風邪、インフルエンザ、食中毒、下痢、嘔吐、小児感染症
    ・手洗い、うがいの励行、換気
    ・予防接種の情報提供、声かけ
    ・賞味期限の確認、食べ残しの食品の管理
  • 二次災害予防
    ・避難地区、避難方法の確認
    ・盗難他
前のページへ戻る