公益社団法人 宮城看護協会

登米支部

支部長あいさつ

登米支部長
及川 まゆみ

会員の皆様、こんにちは。今年度より登米支部長を務めさせていただく及川です。
登米支部は県北に位置し、昨年度は「おかえりモネ」の舞台にもなり、豊かな自然がアピールされ、知名度は幾分アップしているものと思っております。支部会員はおよそ200名と少なめですが、今年度から「マナブル」も導入され、研修参加の環境が整ったことから、積極的に新会員を募っているところです。
地域に目を向けると、コロナ禍ではありますが、感染対策を講じながら行事が少しずつ再開され、活気を取り戻そうとしております。
今年度も支部活動がどこまで再開できるか見通しはつきませんが、状況に応じた参加方法を模索し、少しでも地域住民の皆様と交流する機会が持てることを願っています。
また、看護管理職ネットワークを強化し、顔の見える関係作りを継続していきたいと思います。微力ではありますが、支部会員の皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

事業計画・事業報告

登米支部事業計画登米支部事業報告

広報

登米支部広報 令和4年2月発行

一覧へ戻る